NEWS, RESEARCH HIGHLIGHT

NEWS:「地球化学」に論文が掲載されました

2017年度日本地球化学会奨励賞受賞記念論文「造礁サンゴ骨格の窒素同位体比指標」が和文誌「地球化学」に掲載されました。

これまでの窒素同位体比を用いた研究を総説としてまとめることができました。

オープンアクセスですので、どなたでもご覧いただけます。読んでいただければ嬉しいです。

論文へのリンクはこちら↓

山崎 敦子 (2019) 造礁サンゴ骨格の窒素同位体比指標, 地球化学, 53 巻, 1 号, p. 1-12

Abstract: Marine nitrogen cycle and its transition control primary production, and therefore contribute to the concentration of atmospheric carbon dioxide, which is the essential information to understand the biogeochemical cycle and the global climate system. However, the spatial and continuous observation of nitrogen dynamics at surface ocean has been scarce. Reef coral skeleton could be used to reconstruct past nutrient dynamics in tropical and subtropical ocean with decades to millennia. Nitrogen isotope of organic matter in the coral skeleton could vary with change in nitrogenous sources and mainly capture nitrogen isotopes of marine nitrate. In this paper, I reviewed the progress of nitrogen isotope proxy in reef coral skeletons together with the introduction of our studies. Nitrogen isotopes in reef coral skeletons can be a high-resolution recorder of nitrate dynamics in oligotrophic ocean.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/chikyukagaku/53/1/53_1/_article/-char/ja/https://www.jstage.jst.go.jp/article/chikyukagaku/53/1/53_1/_article/-char/ja/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください